カテゴリ:その他四方山話( 962 )

トトとの出会い..


f0000655_12311247.jpg
(今回ちょっと長文ですが......よろしくです!!)


愛犬トトもすでに7歳。
犬の年齢は約7倍換算になる。
つまり人間なら40歳半ば、人生折り返しの年齢。

こいつがオモロイ犬でして超きまぐれ。
気分いい時は「遊んでっ!(^O^)」て飛び付くクセに
「今は一人がいいのっ(-_-)」ってときゃ、見向きもしないで
ソファで寝てる超B型犬(ま、B型同士相性イイし...)


このマイペース「トト」。
俺の瞳をジーッと見てる事が時々ある。
(上のがそんな顔ですワ。)

その時間、数分間。

「ナニ考えとんじゃ?チミ?」と聞いても
ジっとオスワリして見つめてる。その視線はどこまでも真っすぐ。
動かなければ、まるで犬の縫いぐるみだ。

そしていつも「あの日、覚えてる?」、
という声が、聞こえる気がするのだ.....


そもそもの出会いが悪かった。
7年前コイツを見初めた某ペットショップ。

「あ、コイツだ!みっけみっけー(^o^)」
(動機はコレ!「ファーストインプレッション」)

と、このレッドとブラックの混血ミニチュアダックスを購入。
しかしワクチン処理のため、1週間後ショップに引き取りに行く事に。

「なーんだ。今日から一緒かと思ったのに(>_<)」

しかし犬との生活の想像でワクワクする俺の表情は緩みっぱなし。
早速ハンディケージやら首輪、シーツやらボールやら、
必要不必要関係なく目に止まるモノ目一杯買い込んで。
でも「1週間は長いなあ..」と思わずタメイキも漏れる。

そんな7日間も風のように過ぎて、待ちにまったアイツとの再会。

この愛おしくも憎らしい7日間を、乗り越えて訪れた
ショップで目に飛び込んだのは、7日前と同じケージの中で
俺の顔見たとたん「ワンワン!!キューンッ!!」と、
7日前と同じ愛くるしい表情でジャンプするアイツ。

「よーし、俺の事覚えていてくれたんだな、一緒に帰ろう!」
「今日最初のご飯!。ナニが食いたい?牛スジ?豚バラ?焼き鳥?」
「お散歩デビューはどこがいい?やっぱ井の頭公園がいーかな?」


......ここまでが現実で、ここからが夢だったら....と今でも思う。
......おそらく相手が動物だから.....今もうまくいってるんだとも思う。


「いっぱいオモチャ買ってあるからな!」
「いつから一緒に寝ようか?」
「ちっちゃいウチに写真も一杯とんないとな(^-^)」

と相変わらずケージ越しに、楽しく会話する俺に向かって
突然発せられたその言葉は、どこまでも無機質でどこまでも残酷だった。


「あ、それ違います違います!」  
「近藤さんのワンチャンはこちらですよぉ」


「え!っ......(@_@)(@_@)(@_@)」


すぐに振り向くと、狭い店だから手を伸ばせば届く距離にある、
しかも俺の目線と同じ高さにある「近藤様ご購入済み」の表示が
されたケージの中、オスワリしてジーッッと見つめるアイツの
視線と俺の視線がぶつかった。

「あっ、こっちね^^; そーそーコイツコイツ(^^;)、
ホラ、みんなおんなじだからさ(^_^;)」

視線を外すタイミングを逃したまま、しかし見つめあったまま、
適当に言い訳を見繕う、この狼狽した表情を書いて頂くなら
間違いなく蛭子能収サンだろう。

時すでに遅し。
アイツの視線は、俺を通過して地球を一周して、
またそこに戻って来たかの様に長く深かった。
そして不思議な空気感のまま、アイツを新品の
ハンディケージにいれて、無言のまま帰路についた。

自宅の部屋に入ってケージ開けても出てこない。

「嫌われたかな?」

3分位たっただろうか。
前足で床をカリカリしながら、恐る恐る出てきて
ようやく後ろ足まで床につけた。

「ふーん、ここが俺の新しい家か」
「ま、狭いけど我慢してやっか」
「おい!新しい俺のご主人様、腹減ったぜよ」

と言わんばかりのオーラで、おもいっきりの
伸びとアクビを、同時にしながら俺を見つめたアイツ。

「ま、さっきのコタァ、水に流してやっからよ、ま、このボールで遊べや、な?」

言われるがまま?にその小さなゴムボールを廊下に投げた。
ボールが手から離れる僅かな瞬間を、見逃さないように
凝視したアイツの視線は、相変わらず真っすぐだ。

が、さっきの言いようのない空気感はすでになかった。
そして、まだおぼつかない足取りでボールを
追いかけるそのシッポは、思いっきり揺れていた。

仲直りできたようだ。とても短い仲直り。


......それから7年。

べた座りしてたソファから、ぴょんと飛び降りて
俺の真ん前に、姿勢よくオスワリした。
そして7年前の、あの日と全く同じあの視線。
何を要求するでもない、法悦とした視線。

「今日もまたその視線かい?」
「わかってるよ、覚えてるって」

この回想録のような視線だけの会話。
出来るだけつき合ってあげたいと思う。

だって、犬の時間は人間の7分の1しかないのだから......
by aquio910 | 2006-04-04 12:30 | その他四方山話 | Comments(0)

シアターダンスに夢中

この歳になると体と頭、ゆーことききまへん。

足がつって起きるラブリーな朝も.....
松屋で食券買って「じゃ、お勘定」と言ってしまうワンダーな昼も....
「右に曲がって」と言われ左にウインカー出すメロウな夜も......

そこで数年前から、仕事前のジムが日課になってる。行くのは午前中。そりゃきついよ、朝っぱらから無理矢理起きて体引きずってさ。でもジムのカウンター超えたら、もうやる気マンマン!!(*^_^*)。

最近ハマってるのが「シアターダンス」。有名ミュージカルの振り付けを短くアレンジしたもので、顔の表情や足先&指先も使い、舞台俳優の如くダンスをするエンタなクラス。最初は超恥ずかしかったですよ。だって女性30人に男1人。みなさんスタイルもオンステージ状態。劇団四季がそのままジムにやって来た感じ。先生も魔女風な女性でオモしろいし実際劇団の主催でもあります。

一定のテンポが無いので自分の気持ちのまま動けばイイ。が、これが難しい。しなやかでキレがあって全員の動きが音楽とピタッと合う説得力が必要....なのに自分の動きだけハマってないのがよくわかる。

「アキコ、そのダウンは気持ちゆっくり!そうよ!!!でもその後のプリエは素早くよ、ああ違うわ..(ここで泣く)」

と自作自演モード突入。こんな事の繰り返しが1時間。結構長丁場。相当体力使うし頭も使う。しかし気は遣わない。だってみなさん自己陶酔状態だから(^_^;)。でもこのレッスン受けた日の心理状態がかなりイイ(^^)。全ての感覚が開き、研ぎ澄まされてる感じ。やはり女の血の気が多いのかしら。

もしスタジオでワタクシの動きが女っぽかったら「あ、あの日か」と思ってください(^_^;)。
by aquio910 | 2006-02-23 22:20 | その他四方山話 | Comments(0)


aquio bitter diary by 近藤昭雄  Copyright © 2006-2012 Akio Kondo 近藤昭雄. All Rights Reserved.


by aquio910

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

PROFILE......

★作編曲家&プロデューサー&キーボーディスト....

★一眼&映像カメラマン&映像制作マン&ライター業も時々...

★ジム&ダンス&映像カメラ撮影&温泉巡り&料理が趣味の不良オヤジ。B型&乙女座。

♪こんな事やってます♪

♪Rodeo Drive.Inc♪


最新のコメント

えーと、実は私も被害者で..
by memesachikonezu at 20:37
柏のシンさん!いや〜大変..
by aquio910 at 01:57
久しぶりに覗かせて頂きま..
by 柏のシン at 22:54
jasoさん、ありがとう..
by aquio910 at 13:50
祝!更新! が、放置三..
by Jaso at 13:40
あはあは〜。二年振りに更..
by aquio910 at 00:47
祝!二年放置。あはあは。
by Jaso at 17:49
jasoさん> 祝..
by aquio910 at 11:55
祝!一年放置書き込み!あは。
by Jaso at 00:51
松山さん〜>浜木綿子さん..
by aquio910 at 05:37

最新の記事

花見2017
at 2017-04-07 00:52
お疲れ様でした!
at 2017-04-02 23:26
てるみひどい
at 2017-04-02 06:46
さようなら
at 2017-03-31 04:06
久しぶりねー
at 2017-02-09 02:06
体組織計測は運動前にV(^_..
at 2016-08-30 19:32
"焼きもろこし"
at 2016-07-06 01:03
"警察24時その後"
at 2016-06-19 23:00
"警視庁24時的な"
at 2016-06-13 01:50
ご無沙汰です!!
at 2016-05-19 00:46

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...

ファン

画像一覧